すっぽんぽん日記

高校やめて漫画かいて物販やってます。

【※長文注意】心を整理する。これまでの人生を壮大に雑然と振り返り、現状、全てをさらけ出すことで、今後の身の振り方について考える。

ブログをかく。
久しぶりだ。
本当に久しぶりだ。

いきなりだが僕は文才がない。
世辞や謙遜の類いでなくシンプルに文章力がない。
何よりブログに対して致命的に熱意がないのだ。
絶食系男子ならぬ絶食系ブロガーだ。


こんな気構えでは熱を入れて運営されている方々に対して失礼だ、僕の無駄に真面目な一面がでしゃばり、
一度ブログを辞めた記憶がある。
もちろんそれだけが原因ではない。


そもそも僕は熱しやすく冷めやすい性格だ。

何か遊びやゲーム、音楽にはまっても短期的にやりこんですぐに飽きてしまう。
こと人間関係においてもそうだ。
職場、恋人、ともに長持ちしない。


僕はビジネスライクというものが苦手だ。


手前味噌ではあるが
昔から社交性は高いと言われることが多い。

顔色を幼少時代~高校をやめるまで
家族仲を少しでも改善するために、
家庭のこと、体調のことが周りにばれないように
人の顔色を伺い続ける中で得た悲しい武器だ。

精神肉体崩壊が原因で3ヶ月でやめた高校でも
僕はいわゆるクラスのお調子者だった。
文化祭の実行委員を指名されていたのだが、
やりきることなく学校を辞めてしまった。

病めて辞めたのだ。
これは僕が発した言葉のなかで今年で一番面白くない発言なので気にしないでほしい。


というのも、
中学まで放課後の外出を許されていなかった僕は
いつしか学校外での付き合い=苦痛になったいた。
くしくもこの歪な環境に適応してしまっていたのだ。


家族の借金や◯◯(家族がみる可能性もあるので伏せさせてもらう)、それに続く兄弟不和、
今月の飯を食えるか、友達と手を振って学校から帰れば知らない怖いおじさんが書類をつきだして何か催促している。思い出したくもないことがたくさんあった。

暗い話になったが同情はしてくれなくて大丈夫です
しかし、これらの環境は当時のゆとりクソガキの心身を蝕むには十分だった。




昔から一貫して好きなものと言えば
漫画だ。金もない、友達とも遊べない、ゲームなどもちろんない僕に唯一残された娯楽が父親が買ってくる週刊少年ジャンプだった。

喧嘩したときは自分だけ
立ち読みして買ってきてくれないこともあったが、
財布が苦しくても基本的に毎週買ってきてくれていた。
僕はそれを知ったいたので、けして無駄にしまいと読み込んだ。

僕は空想が好きだった。
小学校一年の時、
空想をパチンコ屋のチラシの裏に書いた。

ここから卒業までほぼ毎日、僕は漫画を描いて過ごすことになる。
他所様から見れば歪に見えてもこれはこれで満たされていた。

コピー用紙に絵を描くと勿体無いと怒られたが
母も色鉛筆だけは買ってくれた。

毎度ねだるのが心苦しく、中々自分からは言えなかったが、気づくと「あの色、よう使っててないんちゃう?こうてきたろか?」と声をかけてくれた。

これがたまらなく嬉しかった。

僕は漫画を通した世界全てが好きだった。

表に出せば到底人に理解されないほどの漫画に対する熱意は幼少時代の感謝から来ている。


漫画なんてくだらないという意見もあるが
否定はしないが、
僕は漫画に、ジャンプに救われたから。
いくつになっても幼稚と言われても
ルフィかっけぇ!悟空つぇえ!一護オサレェ!
と声を大にしていいたい。

寝れないときに羊の代わりに
歴代七武海出てきた順、
暁死んだ順並び替え、
十刃死んだ順、
幻影旅団腕相撲強さランキングを頭に浮かべる
気持ち悪い癖も勘弁してほしい。



ここまで慣れない文章を書いていて
頭を蝕むのは、虚無。
そしてこんな芥に等しいものを読んでくれている方への罪悪感と、「こいつ、メンヘラじゃね?」と
引かれてしまうことへの恐怖である。
あと、厨二臭い言い回ししてごめんね(;>_<;)


この記事長い....。


だが書く、ここまで書いたし一度書き著そう。
徒然なるままに(使い方違う)書いている
「これ」だが、
不様なことに着地点さえ用意されていない。
多少の推敲はするにせよ、読んでいて「?」と思う箇所もあるだろう。伝わらない穴もあると思う。

ありがたく指摘していただくことがあれば
可能な限り加筆修正させていただくつもりだ。


この記事を書こうと思ったのは
現状の不安を客観視して落ち着かせるためだ。

過去から現状へ、そして未来の身の振り方を形にして残そうと考えたのだ。

過去がちんたら長すぎる。
ワンピ◯スの過去編でも長いと批判されることもあるのにどどんぱの過去編はいりません。

僕は過度の自分語りをするのもされるのも嫌いだが
やはり人間の本質は構ってちゃん。
つい与太話が度を過ぎた。
聞きたい人がもしいればDMでも直接でもなんでもいいので個人的にいくらでも聞いてください。
あと飯おごってください。冗談です。



ここまで長かったので
ハイライト的に21年というクソガキの半生を反省しながら振り替える。


■1997年7月2日
おぎゃあ、とかわいい女の子が生まれる。
名前はあさみちゃん。
かと思いきや、こいつポ◯チンを隠してやがった。
生まれながらの大嘘つき、どどんぱの誕生である。


■小学校

上にも書いたが家庭のゴタゴタで小2頃から体が不調を起こし始める。
漫画を描き続ける。

このときの最大のミスは
「苦労したぶんだけいつか日の目をみる」という
少年漫画の台詞を信じきり、
周りの苦労まとまて全部背負おうとしていたことである。
素敵な言葉だが、これはバカw
てめえにゃ役不足だ←ちなみにこの役不足は誤用です。気になるかたはググる広辞苑

あと、「歯を食い縛りながら~」みたいな歌詞にも影響され、悔しいことがあると歯を食い縛っていたためエラが無駄に発達した気がする。
おい、マジでふざけんな。
おれの愛されプリティフェイス返せよ


■中学校

小学校の頃は漫画家になって借金を返そうと
僕なりにガチよりのガチだったが、
漠然と中学進学とともに現実をみようと漫画を辞める。
で、無気力でいたところ
両親とくだらない喧嘩定期したときに
「お前は我が家の落ちこぼれじゃ!」と言われたのがピキりまして、3年間勉強に打ち込み
結果兄弟はおろか、
全教科満点、学年トップまで登り詰めました。
俺マジ有能()

もちろん塾はおろか参考書も満足に買えませんでしたが、持ち前の一点集中でやりきりました。
これは自分で自分を誉めていいと思います。

ちなみにその時母に言われた一言が、
次も同じだと思うなよ。でした。

これにはさすがのワイも草。
うちの母は絶対誉めない主義でした。
まあ大好きですが。

うちの中学はルーキーズみたいな感じでして、
中学時代がストレスフルで身体が急激にいうこと聞かなくなってきました。

ちなみにこのときの僕と言えば、
見えるもの全て憎しみを込めていたので、
ヤンキー組はおろか、普通組、がり勉組、オタク組すべてを見下し、歪み尖っていました。
彼らとは後に暴走族に僕が逆絡みしたときや、
成人式などで再び出会うこととなります。


■高校生

楽しい。友達めっちゃできる。
けどラインめんどくさ。
うわこのクラス好みの女の子いn..

体調2ヶ月ほど改善する←初の出来事
それ以降徐々に再発。
陽キャと信じられるワイ、
察され気を使われるのが辛く突如中退。

ワイのメンヘラ人生はここから始まるンゴ。
人の不幸は蜜の味。こうご期待。




~暗黒期突入~

生まれてはじめて「自殺」が隣にある生活を送る。
ぶっちゃけ死ぬ勇気はなかった。
飛び降りるの怖いし。ナイフ刺すの痛いし。

死にたくないし。

悔しいし。

まだやれるってどっかで思ってた。

このときは(も)本当に家族に迷惑をかけた。


暴走族に逆絡みしたのもこの時期だ。
よく喧嘩をした。

だから死ぬ死ぬいう人は昔の僕をみるみたいで見てられない。何とも言えない。



■労働期(16~17歳)


こうなったら好きなことやろうと小学校以来に自分のために漫画を描く、
072パラレルワールドが頭の中を駆け回る間だけ僕は世界一の幸せ者に思えた。

そして生まれてはじめて働いた。
近所のスーパーだ。

ここで初めて恋人ができた。
年上の女性だった。

自慢じゃないが学生時代モテない訳でもなかった。
告白やプレゼントなどありがたいことにいただくこともあった。

が、この男はそれらの好意をすべて無視した。
明日をいきることにいっぱいいっぱいだったのだ。
あとこっちの気分も知らずに能天気に色恋沙汰に興じてることが癪に障った。


彼女はそんな僕がはじめて
(正確には高校入りたて以来)
一緒にいて体調悪くならなかったのだ。

このときの僕と言えば家のドアを開けたとたん、
目眩と目の痛み、続いて頭痛、震え、動悸、
あとおしっこでない、とかそんな日常生活に支障を送りながら日々を過ごしていたので、
人に見られたくなかったのだが、
唯一リラックスできた。

僕は純粋に感動し、なついた。

辛いことがあると夜中でもドライブにつれてってくれた。泣きながら体のことを他人に打ち明けたのもはじめての経験だった。
(家族には聞く耳持たれず、高校辞めてから改めて伝えました。辞めた当初はサボりと思われフルボッコでした。物理的に。)

彼女は当時遠距離の彼氏がいたが、
話を聞くとたぶん彼氏は彼女をほっていて別の人生を送っているんだろう。
お互いの寂しさ不安を埋め合う形になった。

このときの僕は072もしたことのない純朴な少年だった。これこそが純愛...と思っていた。


結論からいうと僕は逆レ◯◯された。

彼女の家に泊まってたとき、
水と思ったものがおそらく焼酎かなにかになっていて
ぐびのみ→ぐでん→ファ?→ファ!??!?
である。

正直あまり記憶にないのだが、
僕は怖くなってしまった。

気まずくなりそこを辞め、
3年以上そのスーパーには行けなかった(今は常連)
これがきっかけで僕はセ◯クス恐怖症になった。
その後何人かと交際するがその話はほとんどの女性には言えずじまい...


■不振期(17歳)

漫画描き期っていうバカっぽい響きが好きだ。
その後、地元の自転車の部品工場でパートをする。
今度は面接で体調のことなど全て正直に話した。
傲慢なことに自分の全てをわかってもらいたかったんだと思う。
結果、学歴のこと、体調のことをチクチク言われ、いいふらされ、逃げるように辞めた。

もうここまで来たらほぼ引きこもりだ。
最寄りのスーパーに行けなかったのも痛い。



■漫画描き期(17~19歳)


漫画描き期っていうバカっぽい響きが好きだ。

すがる思いなのかなんなのか、
思い出すのも辛い時期だが、
漫画を本気で描くことに決める。

両親の反応は△、
止めたいが止めきれないといったところだ。

僕は何月までに読み切り(短編)作るから
それ見て判断して!
金銭的負担も一切かけへん!
はたらいた貯金使う!
などという風に期限と条件を決め、
原稿用紙、つけペン、インク、スクリーントーンなど一色買いそろえた。



漫画用品を一式揃え描いた。
ここで思ったのが、絵へった!
小学校時代話先行で描いてたから絵が大したことない!小手先の技法ばっかや!
というか漫画描くのが好きなだけで、
絵描くのは嫌いやったんやな自分。。。

で、描いた。

描いた。

百枚...二百枚...千枚.....

描きました。

いつしか両親も応援(せざるを得ないけどw)してくれるようになり、作ろうとしていたものが完成した。


で、出張集英社みたいなものに持っていき、
週刊少年ジャンプジャンプSQの担当編集らに見てもらった。


この瞬間は僕が人生で一番緊張した瞬間であり、
本当に吃りにどもった。
編集さんに「君日本語の勉強した方がいいよw」
といわれたときは死にたくなった。
後から腹立った。


持っていくものは読み切りだったのだが、
僕は読み切りは初期のもののみで、
続き物を描いていたのだ。

これにかいくつか理由があったのだが
(シナリオ作成時間の短縮、絵の練習の効率化など)
熱意は伝わると思っていた。
僕はなんだかんだで社会を嘗めていた。

その時点ですごく嫌な顔された。
そらそうだ、キャリーケースぱんぱんの量だし。


結論からいうと、
話→読み切りでないと判断しかねる

→一人目、
サラッと読んだ後ここの筋肉が~など
ダメ出し、その後若いしやる気もあるからまだまだ伸びる。と連絡先を教えてもらった。


→二人目、
第一印象は一人目より悪かったが、
下手な漫画家より量描いてそうだ、
魅せ方を理解してるね、など誉めてもらえた。
ディスられもした気がする。
名前を教えてもらって何かできたら送ってきて、
という感じだ。


これはどうだったのか。

ただなんとか身体を引きずって年中無休で
何千時間、何年も描いてきたものが今数分で
「済んだもの」になっていく現実に頭が追い付かなかった。


当時の僕は19歳。

貯金ももうほとんどない。


「お父さん、おれ漫画描くの辞めるわ。
今まで応援してくれてありがとう。」

付き添ってくれた父にそう告げた。


こうして僕の漫画は終わった。



はてなブログ期(19~20歳)


気持ちを整理するために書いてるのに
書いてて病んできました。。。

「すみません、この方参ってます!
この中に【【【橋本環奈】】】ちゃんの経験がある方はいらっしゃいませんか?」


冗談はさておき夢を失った僕は、
ここではてなブログに来ます。

漫画を描くのを辞めた反動でとうとう一歩も外に出れなくなった僕は完全に引きこもりになります。

在宅系のことは色々やりましたね。
投資と物販以外はあらかたかじりました。
ほんとかじる程度ですが

このブログ、そして宣伝目的で始めたこのTwitterで色んな人いるなぁと思いました(コナミかん)


そして僕も20歳。

そのとき支えてくれた人なんかのお陰もあり、
二十歳の危機感もあり、再び働きます。



■労働期2017(20歳)

色んな仕事しました。Wワークもしました。
酒にも溺れました。
僕は目的がないと動けない人間で、逆に明確な目標があれば割りと頑張れます。

今回の目標は「ネオニート」。
嘗めてんのか?
そうかもしれません、けど働きたくないもん。

ここから僕はざっくり言うと物販やりながら働きます。

コープ◯済のバイトリーダーやったり
コールセンターでiPhoneX売りまくって営業トップになったり、治験行ったり、
日雇い工場でネパール人にいびられたり、
安室奈美恵のコンサート警備したり、
ガンバ大阪のチケ切りしたり、
あとー、なにやったかな?w

はいはい頑張った頑張ったwww


ちなみに体調なんですが、
働いてしばらくは地獄でした。
が、3ヶ月ほど働いた後ほぼ治りました!!!

なんとういうかおそらく僕的に漫画を辞めたことで
よくも悪くも今世が消化試合のような気持ちになってしまい、なにも気にならなくなってしまったのですwwwww

なにもは言い過ぎましたが
そのようなショック療法、
あとは上にも書いたように人の支え、
あとは成人したことはでかかったですね。

未だに強い緊張、ストレスを感じたとき以外は
普通の暮らしをできています。
本当にありがたい。

小2~3からなのでほぼはじめてみたいなものです。ありがたい!
動きたいときに動けることがこんなに幸せなんて。



■労働期2018(20歳)

その後今年にはいって介護をしました。
認知症の人の担当でした。

下の処理とかは意外と平気でした。
ここはこれまでの職場で一番よかったです。
気の強い人ばかりだけど、
みんな気の優しい人だった。

だけど
僕は辞めてしまったんですよね。

ここからが書きたかったことかもしれないんですけど、
自分でいうのもなんですが、
僕はこれまで「不幸せ、不自由」が基本だったので、温かさや自分を受け入れてくれる場所に慣れていないんですよね。強烈な違和感。
怖くなって自分から離れてしまう。


今回の件はそれだけではなかったですけど、
それが大きくて、罪悪感がすごくて、
今でも寝る前に思い出してしまいます。
本当に好きな人たちでした。



■21歳(現在)のワイ

これは初告白で衝撃的で強烈的な告白なんですけど。

無職です(白目)←まとめさんここ赤文字で



今ある貯金を元手に物販本腰いれてます。
この夏から引きこもって頑張ってきましたが、
物販のトラブル、プライベートのトラブルも多く、
今月辺りからぶっちゃけ情緒不安定です。

周りには悟られてないと思いますが、
静かな不安感がヤバイです。寝れないw


あと、
インドア、アウトドア両方経験してる僕からいうとほんとに日光の光浴びないと鬱になるよ。
正確に言えば外に出ること。

外に出ない=用事がない、お金がない、
気分転換ができない=
=必要とされていない=孤独っていう負のスパイラルに入ると思うんですよね。
僕も入ってるっぽいです(真顔)


今年中に結果を出し始めるために夏を犠牲にしたのにやべぇよ...笑えん。

ワロエネェ...(一回言ってみたかった)


■悩み

加えて
僕はこれまで人間関係をリセットするような癖があるんですよ。そのお陰で今までまともな友達がほとんどいません。

昔は一人がいいって心から思ってたんですが、
今はめちゃくちゃ寂しがりです。
親友の漫画もタヒんだし。

成人してからは、これからは人との関係を大事にしようと大分マシにはなったと思うんですが、
それでもまだまだ。


最近SNSなんかもみてて辛いのが、
みんな器用に交流されてるじゃないですか?
すごいなって思うんですけど、
僕その辺うまいことやるの難しくて。

見えないと距離感も考えてることもわからないんですよね。
基本的に建前が嫌いなので、ハッキリしたいんですけどこの人はここまで、とかの壁が見えなくて。


ネット上のやり取りもいいと思うし、
そこからリアルに繋げて友達になるのもいいと思うんですよ。

よく自己肯定感が低いっていう話あると思うんですけど、そういうかたって僕の知る限り、
明らかな人見知りである場合が多いと思うんです
もしくはファッションか。


僕自身は人見知りでないと思います。
よくラインや文字だとメンヘラみたいと言われますが、(この間も言われ半泣きになりましたw)

ただ人が怖い。

僕を知る人ほどよくわかっていると思いますが
究極のマイナス思考なんですよね。
「悪いことが起こる」が「標準」になってしまってるんですよね。防衛本能でしょうか?


あと集団が苦手です。
初対面での集団とかキツイ。
出来れば最初ほど落ち着いて話せるサシがいいです。


正直情報が多すぎてしんどくなるので
SNS辞めようかとも思ってます。

けれどもものに愛着沸きにくい自分でも
流石に今のアカウントにも思い入れありますので
気の合う方、興味をもてる、持ってくれる方と
クローズドなところで少し休養しようかなって思うんですよね。


何人かは素の僕を見たことある人、
いると思うんですが、こんな気狂いピエロみたいな記事かいてますが自称好青年です!
ものすごく安心してください!
ただちょっと生き方が不器用で
人生に悲観的なだけなんですw


このままだと虚無感で逆戻りしてしまいかねないので、友達になってください!
こいつ合わねぇな、やべぇなって思ったら
そのときはそのときですw


ここでラインとか晒すのは流石に誰がみてるかわからないのでしませんが、
DMとかいただければ涙ながらに対応させていただきます。たぶん←

もうほぼ頭回ってませんw
最初と文体違うんちゃうでしょうか??

まあ......こんな感じなんですよね!☺️(締めが雑い)


僕が客観的にみたらこんな記事かくやべぇやつに誰が友達になるかって思うんですけど、

それはそれでしゃーないですよね!
そんときはそんときかんがえますw

せっかくSNSやってるんやから
そっから気軽に連絡とれる友達できたら嬉しみ!
マウントは勘弁な!!☺️辛いからw
楽にいこう!

~おわり~

7774字ですって....きも。。。
とりあえず公開するけど後で非公開にする気が
めっちゃする